南都狛姓楽家 東友弘家文書
PDF版

『南都狛姓楽家 東友弘家文書』DVD-ROM収録典籍リスト

ご注文はこちらから

FAXでもご注文いただけます。
(FAXは注文用紙が別窓で開きます、印刷してご利用下さい)

東家は古くからの南都狛姓楽家第三の家系で、代々、笙を業とし、左舞を伝承していました。
雅楽関係の譜本、日記、記録など、奈良氷室神社を本居とした近世末の南都楽所関係史料のほか、北天満町にかかわる史料が多数保存されています。
日記類はすべて友秋のもので、16歳にあたる弘化四年(1846)の「覚書」にはじまって、明治8年(1875)まで、約20冊、完全な形で保存されております。譜本類は東家第十代友安の自筆のものがもっとも多く、その先代の友隆や、のちの友家のものなど、管、絃、打の各楽器や舞の譜など、全般にわたって多数を蔵しています。
雅楽や当時の歴史を知る資料として、大変貴重な文書類と言えるでしょう。
今回はその膨大な資料の中から日記や譜本類を中心とした317点を、DVD-ROM版として刊行いたしました。


 <DVD-ROM(PDF)版>

価格: DVD-R 1枚  45,000円(税、送料別) 

 



■収録のPDFデータを閲覧するためには、お使いのパソコンにAdobe Reader7.0以上がインストールされている必要があります■


Adobe Readerの最新版は、下のバナーからダウンロードして下さい。
こちらからダウンロードできます→

■Adobe, Adobe ReaderはAdobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標または登録商標です■


△出版案内のページに戻る